収益物件・モデルハウス

花もだんごも

「合理的」の本当の意味

「実用性」or「デザイン性」:どれを選びますか。
見栄えを優先にしようと思っても最後に機能性を選択しがちでしょうか。「花よりだんご」or「だんごより花」の思い込みが深く、「花もだんごも」という選択肢があるというのは誰も気づかない。
でも、動物にしても、植物にして、自然の世界のどこを見てもお見事な「花もだんごも」、win・winがたっぷり詰まったシチュエーションしか見当たらない。資源は大事ですので、自然の世界で一番合理的で、美しくて便利な取引だけ生き残る。花の色、香りがなければ、ミツバチはよってこないでしょう。デザインは装飾ではなく、ランニングコストのかからない営業ツールです。
集客の事を考えたら、面白い、格好いい、ターゲット層にあった建物は一番「合理的」ではないでしょうか。
 
収益物件・チームワーク

力を合わせて頑張りましょう

同業だからこそ、持ちつ持たれつ、それぞれの業者の特徴を活かして、競争するよりもパワーチームを組むことでもっと大きな目標を目指して発展していきませんか。
企画案、法規チェック、敷地の調査、プレゼンスケッチ、3Dモデルを作ることによってあなたが持っている可能性を実現できるようにサポートをします。
❖家主の方へ:駐車場、テナント物件、アパートなどで眠っている資産の価値、収益性を上げるためのお手伝いをしています。
❖工務店さんへ:お客様のご要望は様々です。リスクヘッジをしながら、お客様に大満足頂けるノウハウを持ってます。外部パートナーとして設計の委託を承っております。
❖不動産会社の方へ:数年、数か月前から売り残っている土地は有りませんか。狭小地や変形地など、欠点のある土地はお任せください。具体的な提案で、むしろその土地の特徴を活かすことが可能です。ボリューム・法規チェックはもちろん:さらにスタジオドディチはイメージ提案、スケッチや3Dのプレゼンを加えて、お客様に土地の魅力を伝えます。
❖デベロッパーさんへ:個性を付けて、お客様に企画のメリットを最大限に感じさせる意匠設計を行います。
❖金融機関さんへ:住宅ローンの相談をされているお客様はお困りな事はありませんか。検討をされている土地の地盤、法規、眺望、概算の建築費等はどうなってますでしょうか。決められないと融資も実行できません。無料でアドバイスできますのでお気軽にご紹介ください。

贅沢な材料よりも、アイデアで勝負はできると思います。
今の時代だからこそ、市場は心から安らげる場所や、共感できるコミュニティ空間を求めています。

競争率が高く、利益率の少ない一般的な「市場」から離れて、自ら価値を創造することで「ニッチマーケット」を狙いたいとお考えの企業様とコラボレーションをしたいと思っております。
収益物件のパンフレット

かしこく資産を守りませんか

不動産を多くお持ちの方は相続が発生すれば税金を支払うために土地を販売しなければならないという悩ましい話はよく聞きます。対策として、相続が発生する前に、借入を起こして、土地に担保を付けて、土地の評価を下げる方法もよく聞きます。なお、借り入れをした分で事業を始めて、融資の返済をするための売り上げを作らなければなりません。ここまでの話は因果関係がはっきりし、流れは論理的です。
なお、目先の税金対策だけを考えて、長期での事業性を考えないで、借金に追われて結局ご先祖様からの土地を手放さないといけないケースは少なくありません。
また、事業に自信がないので、簡単で安全だと思って、一括借り上げ(サブリース)の会社に建築とセットで管理を頼まれる方も多いです。建物は新築のうちは当然満室になりますが、2年目、4年目、6年目の契約更新で競合の物件とバランスを取るために家賃を下げないと契約更新をさせてくれないという悪夢が始まります。
つまり、大人の世界では甘いに流されても、結局信じてしまった自分の責任になってしまいます。
たまに奇跡的な話がありますが、基本的に事業を安定させて、利益を得たいなら大人として責任感、決断力、判断力、リスクヘッジ、努力は絶対に必要です。
税金対策のために、収益物件を建てないといけないというアドバイスを受けたら、自力で集客ができる建物、事業を検討してください。そのためのノウハウはスタジオドディチ、並びに仲間の弁護士、税理士、不動産鑑定士、工務店、不動産管理者、司法書士、ファイナンシャルプランナー等でアドバイスをさせて頂きます。(まずは無料相談から) 詳しくは、パンフレットをご覧ください。またお客様に渡せるように用意しています。郵送させて頂きますのでお気軽にお問合せください。→iacopo@dodici12.com

企画の力

開発行為ができないけど利用をしたい土地。がけ地で建築しにくい土地。高級住宅地の土地を、素早く水面下で買い手を見つけたい。欠点があり、なかなか売れない土地。
アイデアで魅力を加えて不動産売買のサポートをします。
安売りをするよりも、特長を磨いて、広い市場の中でも目立たせたら、必ずぴったりな相手がいます。

このために、スタジオドディチは婚活コーディネーターのように土地の持ち主と事業主/施主をマッチングさせます。

具体的に下記の2ステップのデザインプロセスを利用します。
当たり前ですが、どんな「ナイスショット」でも、「ゴール」を狙っていなければ得点は獲得できません。

デイケアセンター
❖デザインプロセスその1:マッチングを想定する(ターゲットを定める)
・最先端の知識を持っている不動産投資会社
・たくさん地主と取引をしている不動産鑑定士
・たくさん相続の案件を預かっている税理士
・地域密着で先祖代々不動産を管理されている老舗の不動産会社
・家主の会、異業種交流会、会員倶楽部、保険会社の代理店
・投資家、ホテル会社、福祉施設の会社、飲食店プロデューサー
・一流デべロッパー、建築会社
・その他
スタジオドディチのネットワークを通じて物件に興味がありそうな人を探します。

❖デザインプロセスその2:ダイヤモンドを磨く(価値を生み出す)
・クリエイティブな法規チェックで利点に付加価値を加える
・協力会社のネットワーク(構造設計士、設備設計士、地盤調査の会社など)と一緒に有効なポイントを打ち出す
・特長を強調できて、弱点を消すデザインを提案する
・スケッチ、3Dを使って、分かり易くプレゼン資料を作る
スタジオドディチの知識、経験、企画能力を使ってふつうの金属を黄金に変身させます。

不動産を売る前に、魅力を磨いて、買い手に喜んでもらいましょう。
スタジオドディチが全面的サポートをしますのでお気軽にご連絡ください。
ブランディング


イタリアンブランド

の力

ブランディングのプロセスを構築するにはもちろん質の高い商品やサービスは欠かせません。
その上で、ターゲット客にとって、魅力の高い、欠点がない、一目ぼれしてしまう商品に育だてていきます。
愛される商品になれば実際の価値以上、高い価値観を感じてしまう。愛は与える側でも、受ける側でも嬉しいです。
まさに愛は最大のwin・winの仕組みかもしれません。
ブランド力のある街、マンション、賃貸アパートは競合よりも選ばれるので空室はありません。
空きがないというもあって好循環で人気物件はもっと人気になります。
夢のような話に聞こえるかもしれませんが周りにたくさん注目されているブランドがあるので理解をいただいていると思います。
では、ブランド力を高めたいと納得できたとしても、具体的にどの行動、ステップバイステップを行えればいいですか。
芸能人を育てるために、プロヂューサーは得意でしょう。商品に関して、マーケティングコンサルタント。
建物に関して、建築デザイナー及び設計事務所の出番です。(スタジオドディチに限らず、他の設計事務所でもいいですよ!) やはり事業用の物件は「事業」ですので、せっかく建てるのでしたら成功をさせたいですね。 コストを掛けないで、差別化を計る、人が住みたくなる建物をデザインしますのでお気軽にご相談ください。

建築業界を変えたい

■トラブルに直面すれば、直接保険会社、裁判所と交渉をするとえらい目に合うかもしれません。味方の弁護士を通じて、戦略と建てて、守ってもらうと思います。迷った時にすぐ相談できるために一般的に顧問制度を利用しています。
■同じく、税金の支払額を少なくしたい場合、税務署にやり方を教えてもらうと期待しても意味がありません。やはり味方の税理士に専門知識を元に税金を最小限に抑えます。税理士に顧問の立場でアドバイスをしていただければ、資産や資金繰りの管理で失敗を防げますし、例外的な状況が現れたとしても手遅れなく対応できます。
●建築業界に関しても、不動産会社、工務店、ハウスメーカーは当然自社の利益を確保することで精一杯です。あなたに、味方の設計事務所が技術的なアドバイスをするし、中立に工事のお見積りを比較して、デザイン力で同じ空間、同じ材料に付加価値を付ける。
現在、設計事務所とのかかわりは新築の時、店舗の開業の時ぐらいしかありません。
もっとハードルを下げて、気軽に設計事務所に相談をしていただけるように顧問制度を始めました。
これをきっかけに、弊社だけではなく、設計事務所は「施主の味方」としてプロのアドバイスで不動産をかしこく活用し、街をもっと明るく、エネルギーがあふれる環境に活性化をさせたいと思います!設計事務所一社では力不足ですが、文化を変える切っ掛けとなれば、建築業界は変わると思います!
詳しくは: